日常のふとしたギモン(疑問)

「カロリーオフ」と「ゼロカロリー」は同じじゃない? 食品表示のあれこれ

砂糖

「カロリーオフ」と「ゼロカロリー」は同じじゃない? 食品表示のあれこれ

 

コカ・コーラゼロ

食品売り場ではカロリーに関する様々な表記が目に入ると思います。

ダイエットや健康志向でこういった商品を手にとる機会も多いと思いますが、

「カロリーオフ」と「ゼロカロリー」には違いがあることをご存じでしたか?

「カロリーオフ」と「ゼロカロリー」の違い

基本的にカロリーに関する表記は、栄養表示基準に基づいています。

「カロリーオフ」

「カロリーオフ」は、カロリーが食品40kcal(飲料20kcal)未満のことをいいます。

飲料の場合100mlあたり20kcal以下、食品の場合100gあたり40kcal以下であることを「カロリーオフ」と表しています。同様の意味で、他にも「低カロリー」、「カロリー控えめ」、「カロリーカット」という表記もあります。

「ゼロカロリー」

「ゼロカロリー」はカロリーが5kcal未満のことをいいます。

飲料の場合100mlあたり5kcal以下、食品の場合100gあたり5kcal以下であることを「ゼロカロリー」と表しています。同様の意味で、他にも「ノンカロリー」という表記もあります。

つまり、商品100gあたり3kcalでも0kcalでも「ゼロカロリー」と呼べるのです

栄養表示基準により、100g(ml)あたりのカロリーの大きさによって以下のように表記が定義されている。

  • 「カロリーオフ」・・・食品40kcal(飲料20kcal)未満
  • 「ゼロカロリー」・・・5kcal未満

(おまけ)糖分の表記について

カロリーと同じく、糖分に関する表記も様々な種類があります。

「糖質」と「糖類」

よく間違われますが、「糖質」=「糖類」ではありません。「糖類」は「糖質」に含まれるため、人工甘味料は糖類に含まれないので、「糖類」が含まれていない=「糖質ゼロ」ではないのです。

糖の分類

カロリー0の自然派甘味料『ラカントS』 公式サイトより引用(https://www.lakanto.jp/toshitsu/

「糖類」は「糖質」の一部なんですね!

無糖について

栄養表示基準により、100mlあたり0.5g未満であれば「無糖」と表しています。同様の意味で、他にも「ノンシュガー」や「糖類ゼロ」という表記もあります。

まとめ

栄養表示基準によると、エネルギーがあってもカロリーゼロの表記が可能になっています

違いをしっかり理解して、カロリー摂取ができればいいですね!!