日常のふとしたギモン(疑問)

摂氏(℃)と華氏(°F)どちらも温度をさす単位!それぞれの違いは?

摂氏と華氏

摂氏(℃)と華氏(°F)どちらも温度をさす単位!それぞれの違いは?

 

温度計

今年の夏は猛暑で、日本各地で最高気温を記録したところも多かったですね!

日本では気温をあらわすのに「~℃」という表記を使っていますが、

実はもうひとつの温度をさす言葉があるのをご存じでしたか?

摂氏(℃)

名前の由来

わたしたちがよく天気予報で目にするのは、この表記です。

「~℃」という温度の表し方ですね!

これは、スウェーデンの天文学者アンデルス・セルシウスが提唱してつけられました。

水の沸点と凝固点の設定温度

  • 水の沸点:100℃
  • 水の凝固点:0℃

私たちの生活にもなじみがある分、とても分かりやすいですね!

主に使われている国

世界的にこちらが主流となっています。
世界的にみて日本を含むほとんどの国が摂氏(℃)を使います。

華氏(℉)

名前の由来

これは、ドイツの1724年に物理学者ガブリエル・ファーレンハイトが提唱してつけられました。

水の沸点と凝固点の設定温度

  • 水の沸点:212℉
  • 水の凝固点:32℉

主に使われている国

ほぼアメリカだけ、といっていいでしょう。かつてそろえる動きもあったようですが、新しい決まりへの拒否・拒絶反応が出てつぶれたようです。余談ですがアメリカは同様の理由で、世界的に使われているメートル、グラム、リットルが使われていません。

華氏(℉)を使う国は少ないといえます

摂氏(℃)と華氏(°F)の関係

水の沸点と凝固点の差が、摂氏は100℃あるのに対して華氏は180°Fあります。

つまり摂氏℃=(華氏°Fー32)÷1.8 の関係式が成り立ちます。

まとめ

どちらも「~度」と使われますが、数字の大きさが全く異なります。

アメリカを除くほとんどの国は、摂氏(℃)を使っていますね。

いつか1つに統一される日がくるのでしょうか。