日常のふとしたギモン(疑問)

スーパーで売っているニワトリ卵は雛(ひな)になる? 無精卵と有精卵の違い

卵

スーパーで売っているニワトリ卵は雛(ひな)になる? 無精卵と有精卵の違い

 

雛

 

ニワトリの卵は私たちのもっとも身近な食べ物のひとつです。
スーパーで売っているこの白い卵をみて、「ニワトリの卵は孵化しないのかな?」と思ったことはありませんか?

以前、スーパーで売っていたウズラの卵を孵化させて雛として飼っているというニュースをみました。

そもそもスーパーのニワトリの卵は、孵化しないように作って売っているのではないのでしょうか。

それとも上手く環境と条件を整えることができれば、ひよことして孵化するものなのでしょうか?

卵には「無精卵」と「有精卵」が存在する

卵には「無精卵」「有精卵」があります。

  • 「無精卵」・・・受精されずに産まれた卵
  • 「有精卵」・・・受精し産まれた卵(オスの存在が必要)

無精卵

受精(交尾)されずに産んだ卵です。基本的にこちらがスーパーで並んでいる卵となります。

有精卵

オスとメスが交尾し、受精することで産まれた卵です。こちらは雛として孵る可能性があります。

栄養素の違い

「有精卵」の方が「無精卵」よりも栄養素が豊富という話があるようですが、明確な科学的根拠はいっさいなく、あくまでひとつの”噂”の話のようです。

ニワトリの卵の場合

スーパーで売っているニワトリの卵はほとんど「無精卵」のことが多いです。つまりどうやっても孵化し雛(ひな)にはなりません。

スーパーで並んでいるニワトリの卵はほぼ「無精卵」のため、孵化させようにも、ひよこにはなりません

ニワトリが毎日卵を産む理由

ちなみにニワトリはほぼ毎日卵を産むことができます。

人間が、いかに短期間で成果を得ることができるか意識した結果、品種改良によってニワトリという鳥は変化を遂げていったのです。
排卵されてから卵が出てくるまでおよそ約24時間程度かかるので、最速で1日1個の卵を産むことができます。

なおニワトリは光の刺激によってホルモンが分泌される卵が産まれます。そのため卵は日中に産むことが多いそうです。養鶏場では光の時間を調整しながらニワトリの産む環境を整えているそうです。

ウズラの卵の場合

ではニュースでもきいたことのある、ウズラの卵はどうでしょうか?

実は、ウズラの卵は孵化する可能性はあります

ニワトリは1羽1羽ケージで飼育されていることが多いですが、ウズラは何羽もまとめて飼育するため、メスだけで飼おうとしてもオスが紛れてしまうことがあるからです。つまり、ごくまれに「有精卵」が販売されてしまうのです。

まとめ

ニワトリの卵は孵化することはありません。

スーパーで売っているニワトリの卵は、基本的に「無精卵」のため孵化することはありません

ただしウズラの卵はまれに「有精卵」が紛れてしまうことがあるため、孵化する可能性はゼロではありません。

ウズラも生き物なので、くれぐれも遊び半分で孵化させることは気を付けましょう!!!

生き物を大切に育てるという強い意志が必要です!!