日常のふとしたギモン(疑問)

「ご無沙汰」の正しい使い方は? 目上の人に使うこともできるのか?

再会するふたり

「ご無沙汰」の正しい使い方は? 目上の人に使うこともできるのか?

 

上司

「ご無沙汰」の正しい使い方

「ご無沙汰しております」の”無沙汰”の意味がポイントです。

”無沙汰”の意味は、長い間音信やたより・訪問をしないこと。
つまり「ご無沙汰しております」は、”無沙汰”を詫びる意味となります。

「ご無沙汰しております」は、
相手を敬いながら、長い間音信やたより・訪問をしなことを詫びる
という意味です。

目上の人にも使えるの?

「ご無沙汰しております」は、目上の相手にも使うことができます。
メールや電話、手紙などにも使えます。

「ご無沙汰している」に近い類語

お久しぶりです

こちらはカジュアルな表現となるので目上の人に使うことは適切ではありません。
まだ「久方ぶりです」の方が目上の人には使いやすい表現です。

お元気でしょうか

「ご無沙汰しております」同様使いやすいフレーズとなっています。

息災でいらっしゃいますか

「ご無沙汰しております」とほぼ同義ですが、やや硬めの表現のニュアンスを含みます。

まとめ

「ご無沙汰しております」は、目上の相手にも使うことができます。

ひとつ注意なのが、無沙汰には”詫びる”、”申し訳ない”というニュアンスもある点です。

加えて、お元気でしょうか~、~のときはありがとうございました~等、相手を思いやる言葉を付け加えてあげると丁寧です。