日常のふとしたギモン(疑問)

牡蠣(かき)の生食用と加熱用の違いはなに? 新鮮さは関係なかった!

生牡蠣

牡蠣(かき)の生食用と加熱用の違いはなに? 新鮮さは関係なかった!

 

牡蠣鍋

 

牡蠣を買いにスーパーへいくと、商品には「生食用」と「加熱用」のラベルが貼ってあります。

もちろん生で食べるときは生食用、鍋調理やフライをするときは加熱用を買って調理します。

筆者は言葉どおりしっかり従っていますよ~

でもこんな風にも考えちゃいます!

もしかして鮮度がよいものは生食用、そんなによくないものは加熱用!?

生食用の方が実際、価格は高いです。

価格の差=(イコール)鮮度の差なのでしょうか?

牡蠣(かき)の生食用と加熱用の違いを調べてみました!!

牡蠣(かき)における、生食用と加熱用の違い

ずばり、牡蠣(かき)の生食用と加熱用の違いは、”育てられた海域の違い”です!

県は海域のプランクトン含有量や海水温、塩分濃度などの情報を細やかに検査しています。ここから海域を区別化しており、指定されている海域で育てられた牡蠣を生食用、指定外の海域だと加熱用と厳しく定められています。

牡蠣(かき)は、保健所が指定する海域で育てられていれば「生食用」、指定外であれば「加熱用」と区別される。

「生食用」より「加熱用」の方が美味しい!?

ひとつの噂でこんな話があります。

「生食用」よりも「加熱用」を生で食べたほうが美味しい

怪しい話ですが、たしかに根拠があります。

河口や沿岸部で育った牡蠣(かき)は、プランクトンや栄養成分は豊富なため、味も美味しくなるのですが、保健所の成分調査では基準値を上回ることで「加熱用」として扱われることが多いのです。

一方、沖で育った牡蠣(かき)は栄養成分が河口や沿岸部で育ったものと比べると少ないものの、保健所の成分調査は基準値以内なことが多く、「生食用」として扱われる傾向があります。

とはいえ、ノロウイルスなどの食中毒に感染する危険性があるので「加熱用」の牡蠣(かき)を生で食べるのは絶対にやめてくださいね!!

まとめ

牡蠣(かき)の生食用と加熱用の違いは、育てられた海域に違いがありました。そして育った環境の違いから、生食用と加熱用の栄養成分には差があるのです。

必ずしもきれいな海でとれたものが美味しいとは限らない、というのは不思議ですね!!

くれぐれも加熱用を生で食べちゃだめですよ!笑