日常のふとしたギモン(疑問)

エンジンをかけたままガソリンを給油するのは危険?エンジンを切る理由とは

給油

エンジンをかけたままガソリンを給油するのは危険?エンジンを切る理由とは

 

ガソリンの給油

 

「車のガソリンを入れる際はエンジンを切らなくてはならない」と教習所の先生から教えられました。

しかし、ガソリンスタンドには車のエンジンをつけっぱなしにして給油する人も多く見かけます。いちいちエンジンを切るのが面倒な人や、暑さや寒さからエアコンをつけっぱなしにしたい人、どちらも気持ちはよく分かります。

最近では、車の技術は進歩しているからエンジンを切る必要はないのでは?という意見もきくようになりました。改めて、エンジンを切らなくてはいけない理由はあるのでしょうか?

給油中はエンジンを切るべき?

結論からいうと、給油中に車のエンジンを切る決まりはありません。

しかし、消防法によりガソリンスタンドに対しては「給油をする際エンジンを切らなくてはならない」と定められています。

エンジンを入れる際に気を付けること

ガソリンを入れる消費者側にとってはエンジンを切る決まりはありませんが、気を付けることがあります。

静電気

冬場の乾燥した時期などによく起きる静電気には気を付けましょう。ガソリンに引火し燃えあがる可能性があります。

給油機には静電気除去シートがついてますので、給油の際は忘れずにタッチしておきましょう。

車をしっかり停止させる

給油する際、ついうっかりサイドブレーキをかけ忘れる事例も報告されています。車が動くと給油ホースからガソリンがこぼれて大変危険ですので、車が止まったことをしっかり確認してから給油作業を始めましょう。

まとめ

ガソリンを給油する際、エンジンを切らなくてはいけないという決まりはありません。しかし、静電気の発生や車の急発進などのトラブルを避けるために、エンジンを切ることは必要です

「給油の際エンジンを切らなければいけない」決まりはありませんが、大きなトラブルを避けるためにしっかりエンジンは切ったほうがよいでしょう。

ガソリンスタンド
なぜガソリンはそれぞれのガソリンスタンドによって価格が違うの?なぜガソリンはそれぞれのガソリンスタンドによって価格が違うの? ガソリンは住んでいる地域や原油価格の変動で変わるものの...