日常のふとしたギモン(疑問)

海はなぜ青いのか? 海が青くみえる3つの理由とは

ビーチ

海はなぜ青いのか? 海が青くみえる3つの理由とは

 

海

 

「青い海!白い空!」とは、よくきくフレーズですが、そもそもなぜ海は青いのでしょうか。

たしかに晴れた日は、海を眺めると青色にみえます。けれども、海水をバケツですくってみると水自体の色は青色ではありませんよね?

いったいなぜでしょうか?

気になったので調べてみました!!

海が青くみえる3つの理由

大きく分けて3つの理由があります。

青い空による反射

一つ目は、青空の太陽光による反射です。青い空の光が海にあたりで反射することで青色となり、私たちの視覚に入ります。

海底による反射

二つ目は、海底の青色の反射です。光は虹の七色にあるように、大きく分けて赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の7種類で構成されています。水の性質として赤色の光を吸収しやすいので、吸収されなかった緑色や青色が海底まで届き反射します。

浮遊物による反射

三つ目は、海に浮いている浮遊物による反射です。浮遊物が何かによって視覚する色が変化します。例えばプランクトンならば青色を吸収しやすいため、緑色になります。また珊瑚礁は白いため、強く反射することで青色が濃くなります。

海が青くみえるのは、青い空、海底、浮遊物の3つの要素と光の反射が重なり、青色が強く出やすくなるため

 

池や湖の場合

同じく水がたまった池や湖ではどうでしょうか。

原理としては、池や湖も海と同じです。ただし湖や池は山にあることが多く、周りの風景の影響を受けます。またプランクトンや藻も多く、緑色になりやすい傾向があります

白金青い池

上の写真は、北海道の「白金青い池」です。海同様、条件が重なれば池や湖も青色になるの例といっていいでしょう。

まとめ

海が青くみえるのは、青い空、海底、浮遊物における光の反射がポイントだったのですね!!

青い空!白い雲!

あぁ~南国いってゴロゴロしたいこの頃です・・・笑