日常のふとしたギモン(疑問)

トイレ便器についている四角い箱の正体は?どんな役割を果たすのか。

小便器

トイレ便器についている四角い箱の正体は?どんな役割を果たすのか。

 

サニタイザー

 

トイレで用を足していると、ふと便器についている四角い箱に気が付きました。

いったいどんな役割のために設置されているのでしょうか?

四角い箱の正体

四角い箱の正体、

それは「サニタイザー」と呼ばれる、除菌洗浄液のつまった装置です。

この装置は水を流すたびに洗浄液で便器を洗い流します。

ちなみにこの製品サービスを提供している日本カルミック株式会社によると、設置・撤去込みでメンテナンス費用で月額2000円にて提供しているそうです。

 

「サニタイザー」の役割

トイレの水を流すたびに洗浄液が溶けだし、以下の効能をもたらします。

  • 洗浄効果
  • 脱臭効果
  • 除菌効果
  • 節水効果
  • 芳香
  • 尿石によるつまり防止

加えて、パイプのつまり防止やバクテリア繁殖の抑制の効果もあります。これによりトイレが汚れにくくなることで、清掃員の負担軽減・清掃時間の短縮の効果につながります。

まとめ

四角い箱の正体は「サニタイザー」という除菌洗浄液の入った装置でした。

ただの芳香剤入れと思っていましたが、トイレの清潔に保つための効能がいくつかあったのですね!!

全てのトイレに設置している訳ではないので、気になったらチェックしてみてはいかがでしょうか。

トイレその1
トイレは流すとき水道代はいくらくらいかかる? 大小での違いは?トイレは流すとき水道代はいくらくらいかかる? 大小での違いは? 生活する上で様々な用途に水を使っていると思いますが、ト...