日常のふとしたギモン(疑問)

「うまい棒」の大きさは? 時代に合わせて変化するサイズの歴史

うまい棒

「うまい棒」の大きさは? 時代に合わせて変化するサイズの歴史とは

 

うまい棒2

 

小さい頃によく食べていた駄菓子!

その中でも圧倒的な知名度を誇るのが「うまい棒」です。

多くの人に愛され、親しまれてきたこの商品ですが、実は大きさが時代によって変化しているのをご存じでしょうか?

「うまい棒」の大きさ

大きさは常に変動しています

長さは11センチ前後ですが、太さが変わっており、重さは以下のように推移しています。

◆2009年以前 7~9g
◆2010年以降 5~6g

近年は、原料費、運送費、人件費の高騰で少しずつサイズダウンしているそうです。

「うまい棒」の人気フレーバー

「うまい棒」は、とんかつソース味、サラミ味、チーズ味、てりやきバーガー味、めんたい味、たこ焼き味、コーンポタージュ味、キャラメル味……計19種類のフレーバーがあります(2020年9月時点)。

ちなみに、販売元の株式会社やおきんによると、売れ筋トップ3は、コーンポタージュ味、チーズ味、めんたい味だそうです。

まとめ

大きさは時代によって少しずつ変化しています。

時代のともに物価は上がっていますが、涙ぐましい企業努力によって売価は10円は維持されているのですね!