日常のふとしたギモン(疑問)

市販「野菜ジュース」は体によいのか? 生野菜との効能の違いとは?

野菜ジュース

市販「野菜ジュース」は体によいのか? 生野菜との効能の違いとは?

 

にんじんジュース

皆さん野菜ジュースは飲んでいますか?
筆者は油っこいものやカップラーメンと一緒に飲んで「これで栄養バランスをしっかりとっている!!」と必死に自分を言い聞かせています!笑

簡単・便利に飲める市販の野菜ジュースですが、実際には体にとってヘルシーといえるのでしょうか??

「野菜ジュース」の効能

結論からいうと、「野菜ジュース」=(イコール)「野菜を食べたこと」にはなりません!!

よく1日分の野菜という表現を目にしますが、厚生労働省が推奨している1日の野菜摂取量である350gを”使う”のであって”350g分の栄養価を保証”するわけではありません。

例えばビタミンCは加熱によって失われるため、濃縮還元の製法で作られると手作りと違って栄養は保証されないのです。
※ビタミンCに関しては別途添加するメーカーもあるようです。

このように加工する過程で栄養が失われていることが多くあり、含まれている糖分や塩分、保存料のことを考えると必ずしも体によいとはいえないのです。

「野菜ジュース」=「野菜を食べること」にはなりません
ジュースに加工する過程で栄養素が失われてしまうこともあり、逆に糖分など摂りすぎとなる場合もあります

もちろん野菜ジュースとひとことでいっても、自分で1から野菜をミキサーでかけて作った手作りジュースは当てはまりません。
いわゆる市販されている加工されたジュースが主に当てはまります。

生野菜と比べた「野菜ジュース」のメリット

野菜を食べることには栄養素の面では勝てませんが、良い点もあります。

手軽にスピーディに栄養が摂れる

1からの手作りは大変ですが、市販されているものは買えばすぐ飲めます。
とはいえ糖分などは多めなので、清涼飲料水を飲むよりは・・・といった印象でしょうか?

栄養素によっては吸収率が優れているものがある

そのまま食べるよりも、ジュースにしたほうが吸収率がよい栄養素があります。主に当てはまるものとして、βカロテンやリコピンが挙げられます。

  • βカロテン・・・皮膚や粘膜の健康を維持する役割があります。主に、にんじんやモロヘイヤに含まれます。
  • リコピン・・・抗酸化作用が強い有機化合物で、β-カロテンなどの仲間ともいえます。主に、トマトやスイカなどに含まれます。

まとめ

野菜ジュースは野菜を食べる代替手段にはなりません。
野菜摂取の補助という役割は果たせるものの、日常的に栄養バランスを意識した食生活が
なにより1番大切なことなのです。

野菜ジュースの効果・効能をしっかりと理解した上で、あくまで食生活のサポートとして捉え、上手に利用していきましょう!!

野菜ジュースはあくまで”食生活のサポート”として考え、利用しましょう!